このタイミングで転職するのがベストなのか

problem

このタイミングで転職するのがベストなのか

 

スッキリと新たな環境に飛び込めるのは、現職に対してケリをつけてから?

 

最近、悩み抜いた末に企業からのオファーを辞退して現職に残ることを決意した友人がいます。

 

私はその企業に友人が魅力を感じていたのでこのチャンスをぜひ掴むよう入社を勧めていましたが、最後に出てきた友人の言葉を聞いて考えが変わりました。

 

友人はまだ現職で異動して数ヶ月という状況であり、ここで結果を出さずに別の環境に移るのは中途半端だと上司に言われたのです。

 

その突然の異動が発端となった今回の転職活動ではありましたが、その気持ちがくすぶったまま転職しても、確かに自信を持ってパフォーマンスを出すことは難しいでしょうし、何よりずっとモヤモヤしたものが友人の内面に残り続けることはご本人にとっても企業にとっても良くないと感じました。

 

結果的にその企業に入社しなかったことは残念ではありますが、これから友人が現職の新しい部署でご自身が納得のいく成果を挙げられることを心から願っています。ただ、転職先への辞退が発生したことからその会社に移れる可能性がほぼゼロになったことは忘れてはいけません。

 

採用する側からすると内定を辞退する候補者に再度内定をだすことはないからです。これは、候補者目線ではプラスですが人事の観点から言うとデメリットが多いと言えます。複数の候補者を同時並行で進めている大手企業とはことなり、中小企業はindeedなどで広告費を投下しながら1名ないし、2名の方で進めている場合がほとんどですので、明確な意思をもって転職活動に望まなければ、win-winの関係性になることはなく両者にとってデメリットとなる場合が多いと言えます。

 

一方で、もう充分に今の環境でやれることはやり切り、そのうえで次のステージを探したいという方もいます。

 

別の転職希望の友人から転職の相談を受けました。その方は入社された企業で様々な苦労がありながらも、非常に充実した日々を過ごしイキイキ仕事されている印象だったからです。

 

ただ、よくよく話を聞いてみると、今の環境に飛び込んだことにまったく悔いはなく、本当に人生でも一番といっていいほど輝いていた時間だったとのこと。ただ、それだけ仕事に打ち込んである程度自分がいなくても業務が回せるだけの仕組みをつくりあげたと言えるからこそ、もうこの環境でこれ以上自分がやれることはあまり無いのではと、社外に新たな機会を求めたいという前向きな状態でした。

 

本当に「今」「このタイミングで」転職するのがベストなのか

 

 

smile

今回は対照的とも言えるような2人のケースをご紹介しましたが、皆さんもご自身の状況と照らし合わせてぜひ今一度内面と向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

まだ現職でやれること、やり切るべきことがあるのではないか?

 

あるいは、スッキリとした気持ちで外に向かうことができるのか?もちろん、会社の業績不振や自身の体調の問題、家族の事情などでやむを得ず現職を辞めることになるケースもあるでしょう。

 

必ずしもご自身の区切りの良いタイミングで転職できるとは限りませんし、そうそう前向きにばかり考えられない現実もあると思います。ただ、もし今すぐに辞めざるを得ない特別な事情が無く、ご自身で転職のタイミングを選択できる場合は、ぜひそれが「今」なのかどうかを見定めていただきたいと思います。そのことが、仮に現職であろうと転職先であろうと、今後のあなたが仕事で持てる力を100%発揮できるかどうかにつながってくると思うのです。

 

◆おすすめ記事:外資系投資銀行一覧(おすすめ転職情報)年収UP間違いなし