外資系投資銀行一覧(おすすめ転職情報)年収UP間違いなし

Pencil

目次

2018年度の外資系証券会社の日本拠点の業績

 

careerup

 

営業収益の1位はモルガン・スタンレーMUFG、2位はゴールドマンサックス証券、3位はJ.P.Morgan証券でトップ3は2017年度と変わらない無難な結果となっています。クレディスイス証券は2期連続の最終赤字(▼34億円)と、2017年度の▼20億円の赤字からさらに悪化しています。

 

日本での人員が最も多かったのはゴールドマンサックス証券で、2018年末時点で799人となっています。前年度比の減少がおおきかったのがドイツ証券(Deutsche)で、2019年3月末現在で73人減の429人と本国の影響を大きく受けており今後も人員削減の余波が危惧されます。ドイツ証券(Headquater)は2019年7月に事業再建計画を発表したのに伴い、日本でも株式営業やトレーディング業務からの撤退をすでに決定しています。米系投資銀行のシティグループ証券(Citigroup)も59人の人員減少と外資系証券会社には引き続き逆風が吹いている状況と言えます。

 




ゴールドマン・サックス証券株式会社

 

(ウェブサイト)http://www.goldmansachs.com/japan/

 

GoldmanSachs

 

会社概要:ゴールドマン・サックスは1869年に創業、ニューヨークを本拠地として、世界の主要な金融市場に拠点を擁しています。投資銀行業務、証券業務および投資運用業務を中心に、企業、金融機関、政府機関、個人などの顧客を対象に幅広い金融サービスを提供しています。1974年に東京駐在員事務所を開設しています。資金調達等に関する引受業務等においては、世界各国における株式の大型引受案件や日本企業の数多くのグローバル・オファリングのグローバル・コーディネーター(主幹事)等を務めており、IFR誌においてエクイティ・ハウス・オブ・ザ・イヤーとして何度も選出される等、高い実績を誇っています。債券発行の分野でも、日経ヴェリタスにおいてディール・オブ・ザ・イヤーを受賞した案件等、多くの重要案件において主幹事を務めています。

 

住所: 〒106-6147 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー
社員数:約 800人
資本金:836億1600万円
財務データ: 2016年・年次報告書(Annual Report・Global)
国内財務状況 (2016年12月期、単位:百万円)
営業収益 :  122,558
純営業収益 : 92,560
経常利益  : 34,849
当期純利益  :  22,131

 

取締役および監査役
代表取締役社長:持田 昌典
取締役:デニース・エー・ワイリー
取締役:ギャレス・ダブリュー・ベーター
取締役:上田 彰子
取締役:吉村 隆
監査役:前田 洋

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
新卒(海外)採用サイト:新卒(海外)採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

転職難易度評価:★★★★★(☆<★|5段階評価)

 


外資系金融機関への転職におすすめ転職サービス

 

RobertWalters

 

ロバート・ウォルターズ (Robert Walters)は、1985年に英国ロンドンで設立されたスペシャリスト人材紹介会社です。世界31カ国の主要都市にオフィスを構え、日本においては2000年に東京オフィス、2007年に大阪オフィスを設立しています。

 

主に外資系・日系グローバル企業におけるグローバル人材の転職・採用支援において優れた信頼と実績を築いています。日本では正社員、派遣・契約社員のキャリアアップをサポート。日本市場においても約20年の経験を持つグローバル人材に特化した外資系人材紹介会社です。

なぜロバート・ウォルターズ を押すのかは?過去に何度もお世話になったことがあり非常に評価できるからです。忙しい場合には会社の近くまで面談に来てくれますし、とても好印象なコンサルタントばかりです。抱えている案件も非常に多く月に5案件ほど紹介されたこともありました。一度試して見る価値はあります。外資系のHiring Managerは外国人の場合が多く、英語スキルに優れたコンサルタントが日々金融期間のシニアスタッフとコミュニケーションを取り案件を取りに行っています。

 

ロバート・ウォルターズ (Robert Walters)ホームページへのアクセスはこちらから!

 

【取り扱い職種】

人材紹介の業種と職種は多岐に渡り、金融、経理・財務、IT、法務・コンプライアンス、営業・マーケティング、人事、秘書・サポート業務、物流・購買・サプライチェーン、リテール、サービス業、医療・医薬、製造、エネルギー・インフラ、化学など幅広く取り扱っています。

住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル14階

 


JPモルガン証券株式会社

 

(ウェブサイト):https://www.jpmorgan.co.jp/country/JP/ja/jpmorgan

 

 

会社概要:JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーはニューヨークに本社を置くグローバル総合金融サービス会社です。投資銀行、証券取引、資金決済、証券管理、資産運用、プライベート・バンキング、コマーシャル・バンキング、コンシューマー・コミュニティ・バンキングなどの金融サービスを提供。

 

グローバルに展開している法人向け事業は『J.P.モルガン』、米国で展開している中小企業や個人向け事業は『チェース』ブランドを用いています。日本においては、JPモルガン証券株式会社、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社、JPモルガン・チェース銀行東京支店の3社が事業を展開してい ます。

 

About J.P. Morgan Chase & Co.
JPMorgan Chase & Co. (NYSE: JPM) is a leading global financial services firm with assets of $2.7 trillion and operations worldwide. The firm is a leader in investment banking, financial services for consumers and small business, commercial banking, financial transaction processing, and asset management. A component of the Dow Jones Industrial Average, JPMorgan Chase & Co. serves millions of consumers in the United States and many of the world’s most prominent corporate, institutional and government clients under its J.P. Morgan and Chase brands.

 

住所:〒100-6432 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング
財務資料:業務及び財産の状況に関する説明書

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト

中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★★★★(☆<★|5段階評価)

 


メリルリンチ日本証券株式会社

 

(ウェブサイト):http://www.japan.ml.com/main_j.asp

 

会社概要:バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション(ニューヨーク証券取引所の取引略号:BAC)は、米国ノースカロライナ州シャーロット市に本社を置いています。 2016年12月31日時点で、米国50州すべて、コロンビア特別区、米国領ヴァージン諸島、プエルトリコ、及び35ヵ国以上で顧客事業を展開。

 

メリルリンチ日本証券株式会社は日本で設立された法人であり、メリルリンチ・インターナショナル・インコーポレーテッドの完全子会社。

 

住所:〒103-8230 東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング
財務データ:2018年度第3四半期決算

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★★★☆(☆<★|5段階評価)

 


モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社

 

(ウェブサイト):http://www.morganstanley.co.jp/ja

 

Morgan Stanley

 

会社概要:モルガン・スタンレーはニューヨークに本拠を置く世界有数の金融グループです。法人、個人から政府機関、金融機関にいたるまでグローバルに幅広い営業基盤を有し、投資銀行、証券、ウェルスマネジメント事業、資産運用などの金融サービスを提供しています。世界42ヵ国に事業を展開し約5万0000人が働いています。

 

日本でのビジネスの歴史をみると、1970年に東京駐在員事務所を開設しています。モルガン・スタンレーMUFG証券は、債券・株式のセールス&トレーディング、資本市場業務およびリサーチ業務を含む幅広い金融サービスを政府、事業法人、機関投資家に提供しています。モルガン・スタンレーの日本における持ち株会社であるモルガン・スタンレー・ホールディングスが51%を出資し、三菱UFJ証券ホールディングス(子会社に三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)が49%を保有しています。

 

国内ではモルガン・スタンレーMUFG証券が外資系、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が日系という位置付けです。ただ、両証券会社が設立した際にはモルガン・スタンレー証券会社東京支店の投資銀行・調査部などの人材が三菱UFJモルガン・スタンレー証券に異動になっています。

 

住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-7 大手町フィナンシャルシティサウスタワー
社員数:約 1300人(モルガン・スタンレーグループ・ジャパン全体)
財務データ:2018年度第3四半期決算

 

MSMS

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★★★☆(☆<★|5段階評価)

 

 


BNPパリバ証券株式会社

 

(ウェブサイト):http://www.bnpparibas.jp/jp/

 

BNP Paribas

 

会社概要:1848年設立のBNPパリバグループはフランス・パリに本拠を置く世界有数の金融グループです。収益力および株式時価総額においては、ユーロ圏でトップクラスの規模を誇ります。世界約74の国と地域において19万2000人を超える従業員が最先端の金融に従事するグローバルな金融機関です。

 

中でもフランス、ベルギー、イタリア、ルクセンブルグの4つの市場ではリテールバンキングにおいて確固たる地位を築いています。

 

住所:〒100‐6740 東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー
社員数:約 700人(BNPパリバグループ・ジャパン全体)
資本金:1020億2500万円(2016年3月期)
財務データ:2017年3月期

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★★★☆(☆<★|5段階評価)

 


UBS証券株式会社

 

(ウェブサイト):https://www.ubs.com/jp/ja.html

 

UBS

 

会社概要:150 年の伝統を誇るUBS は、スイスのチューリッヒおよびバーゼルに本拠を置く世界有数の金融グループです。世界の主要な金融センターを含む約50カ国で金融サービスを提供。顧客向けサービスを中心に業務を展開する投資銀行部門、そしてグローバル・ネットワークを強みとする資産運用部門とともに、富裕層向けウェルス・マネジメント部門とスイス国内のユニバーサルバンクを戦略的中核業務と位置づけています。従業員の35%がアメリカ、36%がスイス、17%がスイス以外の欧州・中東・アフリカ地域、12%がアジア太平洋地域にいます。

 

UBSの株式はスイスおよびニューヨーク証券取引所に上場しています。主要格付け機関からは高い格付け(S&P:A-、フィッチ:A /すべて2017年3月31日時点の格付け)を得ており強固な財務基盤を有しています。日本においては、1960年代半ばに営業拠点を開設しています。日本においては、UBS証券株式会社、UBS銀行東京支店、UBSアセット・マネジメント株式会社の3法人を通じて業務を行っています。

 

住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエアイーストタワー

 

代表者:中村善二 (代表取締役社長)
➡ 役員
山田真資(取締役)
藤本隆章(取締役)大森 進(監査役)
資本金:321億円

 

HotTopic:弱気相場に備える

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★★☆☆(☆<★|5段階評価)

 

 

 

 


世界最大級の転職エージェント・ランスタッド

 

 

ハイクラスを目指すキャリア形成なら、世界最大級の転職エージェント・ランスタッドへ

 

転職エージェントに相談したら、いろんな担当者が次々に出てきた。
自分が興味がないような業界や職種まで紹介された。

 

そんなことはありませんか?

 

転職エージェントによっては、分業制になっていたり、十分にヒアリングもせず、自分の営業案件を押し付けてきたり、ということが多々あるようです。それで本当に納得できる転職ができるのでしょうか?ランスタッドは少数精鋭の敏腕コンサルタントが一人ひとりの専任担当者として転職者のスキルや経験だけでなく、中・長期的なキャリアプランも見据えた最適な求人を提案してくれます。

 

特に消費財、製造業、管理部門でハイクラスを目指す20代後半~30代の方の転職にフォーカスしており、国内でも屈指の成功実績を誇ります。すぐの転職を考えてなくても、まずは気軽にキャリアプランをしてはどうでしょうか。

 

外資系企業・グローバル企業などを中心に、エグゼクティブのための管理職クラス(年収800万~3000万円以上)のハイクラス転職求人を取り扱っています。

 


バークレイズ証券株式会社

 

(ウェブサイト):http://www.barclays.co.jp/

 

barclays

 

会社概要:バークレイズは、英国のロンドンを主要拠点とし個人および法人向け銀行業務、投資銀行業務、クレジットカード、資産管理業務等を提供する世界的な金融機関です。

 

325年以上の歴史(1690年創業の英系最古の総合金融機関)と銀行としての専門性を備えたバークレイズは、世界40カ国以上に約8万5000人の従業員を擁し、世界中の顧客に為替、融資、投資、資産管理に関わるサービスを提供しています。

 

住所:〒106-6131 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 31階
資本金:329億4510万円
設立日:1969年
社員数:500人
財務データ①:2017年度第3四半期決算
財務データ②:バークレイズ・バンク・ピーエルシー2018年度上半期決算報告書

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★★☆☆(☆<★|5段階評価)

 


ドイツ証券株式会社

 

(ウェブサイト):https://japan.db.com/

 

japan.db.com

 

会社概要:1870年にベルリンで創業されたドイツ銀行は世界有数の金融グループです。世界の全ての主要な国地域において事業を展開し、幅広い金融サービスを提供しています。強固な財務基盤と高い信用力、そして優れた金融テクノロジーを積極的に活用し、主要ビジネス全般で市場をリードしています。

 

ドイツ証券株式会社は、世界最大級の金融機関であるドイツ銀行の在日証券業務拠点であり、株式・債券のセールス/トレーディング・資金調達・M&Aなど、ホールセール(事業法人・機関投資家等)向けの幅広い証券ビジネスを展開しています。ドイツ銀行グループの世界的な投資銀行業務強化策にともない、1990年代半ばより営業基盤を大幅に拡張しています。

 

住所:〒100-6171 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー
設立日:2005年7月21日
資本金:727億2800万円
代表者:代表取締役社長兼CEO 本間 民夫

 

事業内容:世界最大級の金融機関であるドイツ銀行の在日証券業務拠点。東京・大阪の証券取引所正会員。株式、債券のセールス/トレーディング、資金調達、M&Aなど、ホールセール(事業法人・機関投資家等)向けの幅広い証券ビジネスを展開。ドイツ銀行グループの世界的な投資銀行業務強化策にともない、1990年代半ばより営業基盤を大幅に拡張。

 

財務データ:2017年第3四半期

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★★☆☆(☆<★|5段階評価)

 

 


クレディ・スイス証券株式会社

 

(ウェブサイト):https://www.credit-suisse.com/corporate/ja.html

 

CreditSuisse

 

会社概要:クレディ・スイスは、スイスのチューリッヒに本拠を置く世界有数のグローバルな金融機関です。インベストメント・バンキング、プライベート・バンキング、アセット・マネジメントの三分野に注力し、さまざまな金融サービスを提供しています。世界50ヶ国以上で業務を展開し、150以上の国籍におよぶ約4万6640人の従業員が働いています。

 

住所:〒106-6024 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
資本金:781億円
財務データ:2017年・第3四半期

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:
中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★★☆☆(☆<★|5段階評価)

 


 


シティグループ証券株式会社

 

(ウェブサイト):http://www.citigroup.jp/jp/index.html

 

Citi

 

会社概要:シティグループは、世界160以上の国と地域に約2億の顧客口座を有する世界有数のグローバルな銀行です。個人、法人、政府機関などのお客様に、個人向け銀行業務、クレジットカード、法人・投資銀行業務、証券業務、トランザクション・サービス、資産管理など、幅広い金融商品とサービスを提。組織は中核事業を行うシティコープと、非中核事業を扱うシティ・ホールディングスの2つに分けられています。

 

住所:〒100-8132 東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング
社員数:610人(2016年末時点)
資本金:1519億円(払込)
財務データ:2016年・年次報告書(Annual Report)
財務データ:業務及び財産の状況に関する説明書

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★★☆☆(☆<★|5段階評価)

 


 

転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。

 

実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
■リクルートエージェントの3つのメリット

1. 強みを発見キャリアアドバイザーが、面談を行う中で志願者のまだ気づかれていない強味を発見。
2. 非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介。
3. 企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業に志願者の強みをアピール。

 

 


クレディ・アグリコル証券株式会社

 

(ウェブサイト):http://www.ca-cib.co.jp/

 

Credit Agricole

 

会社概要:クレディ・アグリコル・グループは、フランスの農業系金融機関の中央機関として1894年にパリで設立されました。フランス最大のリテール銀行ビジネスをはじめとして、保険・資産運用ビジネス、コーポレート・投資銀行ビジネス、専門金融ビジネスなど総合的な金融サービス事業を世界50カ国で展開し、従業員約14万人を擁する世界有数の総合金融グループです。

 

日本においてはクレディ・アグリコル証券会社、クレディ・アグリコル銀行、クレディ・アグリコル生命保険として、金融商品・サービスを提供しています。

 

住所:〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル15階
社員数:158人(2016年12月時点)
財務データ:平成28年12月期

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★☆☆☆(☆<★|5段階評価)

 


ソシエテ・ジェネラル証券株式会社

 

(ウェブサイト):https://www.societegenerale.asia/jp/

 

Societe Generale

 

会社概要:ソシエテ ジェネラルはフランスのパリに本拠を置く世界有数のグローバルな金融機関です。産業革命の促進と産業に対する資金供給を目的として1864年に設立されたソシエテ・ジェネラルは、フランスを手始めにヨーロッパ各地でビジネスを展開しています。

 

日本のソシエテ・ジェネラルは、傘下にソシエテ・ジェネラル銀行 東京支店、ソシエテ・ジェネラル証券株式会社 、リクソー投信株式会社の3社があります。

 

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル
資本金:357億6500万円(平成28年12月末時点
財務データ: 平成28年3月期
財務データ: 2018年第3四半期決算

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★☆☆☆(☆<★|5段階評価)

 



 


株式会社ラザード・フレール

 

(ウェブサイト):https://www.lazard.com/locations/tokyo-fa/?lang=alt

 

Lazard

会社概要:ラザード・フレールは世界有数の投資銀行として世界各国の顧客に対しファイナンシャル・アドバイザリーなどの金融サービスを提供しています(ニューヨーク証券取引所に上場:LAZ)。ラザードの歴史は1848年に創業者であるラザード兄弟がラザード・フレール&Co.を穀類・綿等のトレーディング・ビジネスとして米国ルイジアナ州・ニューオリンズに資本金9,000ドルで設立したのが始まりです。世界27カ国43都市(ニューヨーク・ロンドン・パリなど)にオフィスがあり約2,700人の従業員を擁しています。

 

ファイナンシャル・アドバイザリーの分野において、顧客が直面する財務的・戦略的チャレンジに対し、オーダーメイド・ソリューション(例:日本企業による海外企業の買収を中心とするクロスボーダーM&A)を提供するアドバイザリー・ファームです。東京においては、1989年に業務を開始しています。投資銀行業務が主な外資系金融会社であり、金融監督当局に証券会社として登録や許認可免許を得ていません。

 

住所:〒100-6125 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー25階
財務データ:2017年・第3四半期決算
社員数:21人

 

新卒採用サイト:新卒採用専用ウェブサイト
中途採用サイト:中途採用専用ウェブサイト

 

転職難易度評価:★★☆☆☆(☆<★|5段階評価)

 


 

【パソナキャリア】

 

各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えていきます。

 

業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中からキャリアプランを実現する求人を紹介。
希望に併せてポジションを紹介することも可能。履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、企業毎の面接のアドバイスなどサポート体制も充実。

 

【得意な業界/職種】
■ IT・通信・インターネット
■ メーカー(機械・電気・電子)
■ 医療・福祉医療
■ 営業

 


金融業界・グローバル人材採用動向

 

Money

 

金融業界のオペレーション部門・リスク&コンプライアンス部門では契約・派遣社員の候補者不足が深刻となっています。企業は30歳代以下の年齢層を求めるなか、労働市場全体の契約・派遣社員の中核が50代になっており、この層の人材の高齢化が候補者不足の一因となっています。さらに、サービスの変革期である中で、セールス職は資産運用の提案・事業提携、事業承継の案件が取れる人材を欲しているといえます。

 

また、RM求人も出てきており、ニーズをくみ取った上で提案する力を持った人材が求められています。2019年に引き続き、ITエンジニアの採用意欲も高いといえます。堅苦しかった銀行でも服装規定を改定した例もあり、ITエンジニアへの働きやすさを訴求する施策も一定進んでいるといえます。2020年もエンジニア確保に向けて争奪戦が起こるとよそうされます。

 

ニーズが高まっている外資系不動産では2020年もバイリンガル人材需要が続くものと予想されています。特殊な分野ですが、それに見合った対価が支払われています。

 

外資系運用会社の自在ニーズについてですが、堅調な株価を背景にファンド企画、ローン・アドミニストレーションの仕事を中心にミドルオフィスでも前年と同水準程度の求人があルト予想されます。2019年は投資信託ファンド、投資顧問会社などアセットマネジメント分野はビジネスが好調な一年となり、営業職の採用も活発といえます。

 


金融業界・自分にあう社風の外資系の見極め方

 

woman1

 

金融業界の転職活動の末、やっとのことで高給の外資系企業に入社したが・・・

 

入社時の面接官は「うちの会社は人間関係が良いです」と言っていたのですが、実際にはガチガチの体育会系と外資系あるあるの状況に・・・

 

「社風」とは、会社が持っている雰囲気のことであり、その雰囲気を読み取るには、以下のような方法がありますので参考にしてください。

 

➡ 【Websiteから読み取る】

 

●求人サイト:募集要項だけではなく、写真や動画、転職者インタビュー記事などを参考に!
●会社のホームページ::社長メッセージや企業理念のページ。その会社が大切にしていること。
●SNS(LinkedIn)::顧客向けではない分、実際に働く人の雰囲気を読み取りやすいです。
●クチコミサイト::実際の社員がどのような評価をしているのか確認しましょう。外資系企業の場合は解雇された従業員が書き込む場合が多い。

 

➡ 【選考時に読み取る】

●面接で出会った社員:受付、Toiletや廊下ですれ違った社員からも会社の雰囲気を読み取れます。
●面接官:社風を象徴した人(一定程度の権力を持った管理職)が面接官になることが多く、面接官の「人となり」が参考!
●社内見学:自分の目と耳で感じ取れる貴重な機会です。外資系で職場の中まで見せてくれることは稀ですが、ガラス越しに見せてくれる場合も多くお願いすることも一つの手段です。
●一緒に働く社員との面談:1次・2次面接で気になることを質問しましょう。

 

「職場見学」「一緒に働く社員との面談」は、選考時に必ず実施されるものではなく、応募者から希望しても実現されないこともあります。

 

とは言え、社風を知る上では重要なポイントになりますので、ある程度選考が進んだ時点で採用担当者に相談してください。

 


 


リストラに備えよ(外資系投資銀行のリストラ)

 

problem

 

金融業界の転職活動の末、やっとのことで高給の外資系企業に入社したが・・・​2008~2009年頃、私は米系の外資系投資銀行に勤務(丸の内)していました。金融業界は金融危機(リーマンショック/Lehman Brothers collapsed in 2008)の影響から業績は悪化の一途をたどります。

 

外資系投資銀行に入社した瞬間から、リストラ(Layoff)はあるものと考えていましたが、実際に目の当たりにするものは悲惨なものでした。会社がリストラに着手し、まず行われたのがシニア層(業界でいうPartner/ Managing Director/Executive Director/Directorなどの役員クラスのポジション)及びジュニア層(Analyst/Associateなどの入社1-3年目の若手社員)のリストラです。シニア層はコストが高いこと、ジュニア層は収益貢献が低いことが理由にあります。

 

外資系金融機関のリストラは、Headquarter(本部)があるNew York/London/Parisなどで意思決定がなされるものであり、それぞれの国での将来性(長期的な収益見通し)などを勘案しリストラ人数や引当金などのリストラ案が策定され、各国に通知されます。各リジョン(地域)のトップが嘆願しようと覆せるものではありません。

 

リーマンショック後のリストラは、一度ではなく数回にわたりリストラが実施されたことにより、従業員は精神的に疲弊していきました。私もこの頃からデスクに私物を置かなくなりました(笑)。

 

特に問題だったのがジュニア層といえます。入社して間もない彼らは経験値が低く、転職も容易ではありません。特にLehman Brothers/Bear Sternsの破綻および金融機関全体のリストラであったことから、転職志願者が大量に転職市場に出回ったことも痛手でした。特に同業種の外資系への転職は容易ではありませんでした。リストラされた某一流国立大学卒の若手は次の仕事を見つけるのに数年かかりました。就職先は違う業界でした。将来が不安になり、鬱になった若手社員も何人かいました。

 

リストラ対象社員は出社早々にミーティングルームに呼び出され、そこでパッケージ(退職の際の金銭条件)の説明がなされました。パッケージとは別に退職金は支払われます。ご参考ですが、会社都合の退職となる場合がほとんどですの3カ月をまたずに失業保険の給付を受けられます。

 

➡ パッケージとは

  1. 割増退職金(6-12カ月分 ポジションや勤続年数により異なる)
  2. 猶予期間(1-3か月の在籍 有給休暇と同じ扱いで出社の必要はなし、即時退職した場合には買取)
  3. 有給休暇の買取
  4. 人材紹介会社への斡旋(使用しない場合は数万円を支給)

 

そこで書面にされたパッケージを確認し問題なければ退職関連書類にサインし社員証やブラックベリー(会社の携帯端末)を返却して会社を後にするのです。私物は後日、家に郵送されてきます。リストラを言い渡された日が最終出社日となります。

 

外資系といえ日本の労働法制は正社員の解雇に対しては条件が厳しく、正当な理由がないと解雇することは容易ではありません。人によってはその場でサインせずに会社側と条件交渉するもの、弁護士を雇って交渉するもの、などさまざまですが、裁判などを経て復帰するつわものは稀といえます。

 

裁判をしている間は、転職できませんし、戻れたとしても居場所はないからです。わたしの知人は、裁判を経て会社に戻ってきましたが、その後はほとんど仕事を与えられず、地方(BPO拠点)に転勤になりました。その後も昇進・昇格はいちどもありませんでした。

 

であれば転職活動を進める方がよい場合がほとんどです。ただ年齢が40歳を超えている場合は市場価値がかなり下がりますので、転職は容易ではないといえます。

 



外資系企業向けの・転職案件を多く保有する転職エージェントを活用する

 

Future

 

外資系企業に転職するにあたっては、日本企業に比べて情報量の少ない企業情報(社員数・財務状況など)を収集することも重要ですが、求人案件自体が減少傾向にある外資系金融機関ですので、案件数を多く確保し、応募する企業数を一定程度確保することが重要といえます。

 

また、外資系金融機関はほとんどの場合、部門に採用権があり、企業ホームページからの直接応募だけではなく営業担当者が部門の採用担当者と密なコネクションを有している転職エージェントを活用するのも一つの手段といえます。

 

さらに、外資系金融機関への応募に必要な英語レジュメ(English Resume)の書き方や業界・職種ごとに押さえるべきポイントは異なり、さらには採用担当者や企業ごとに重視するポイントも異なる場合があります。

 

転職エージェントを活用すれば、レジュメ作成の基礎から職種別の実践まで効果的な書き方をサポートしてくれます。正しいレジュメの書き方を学び、他の候補者と大きな差をつけることもオファーレター(Offer Letter)を得るために重要といえます。

 


外資系金融機関の転職に強い転職エージェントを活用して転職活動を効率的に進める

 

■◇■おすすめ転職サービス■◇■

 

RobertWalters

 

ロバート・ウォルターズ (Robert Walters)は、1985年に英国ロンドンで設立されたスペシャリスト人材紹介会社です。世界31カ国の主要都市にオフィスを構え、日本においては2000年に東京オフィス、2007年に大阪オフィスを設立。主に外資系・日系グローバル企業におけるグローバル人材の転職/採用支援において優れた信頼と実績を築いてきました。

 

日本では正社員、派遣・契約社員のキャリアアップをサポート。日本市場においても約20年の経験を持つグローバル人材に特化した外資系人材紹介会社です。

 

ロバート・ウォルターズ (Robert Walters)ホームページへのアクセスはこちらから!

 

【取り扱い職種】

人材紹介の業種と職種は多岐に渡り、金融、経理・財務、IT、法務・コンプライアンス、営業・マーケティング、人事、秘書・サポート業務、物流・購買・サプライチェーン、リテール、サービス業、医療・医薬、製造、エネルギー・インフラ、化学など幅広く取り扱っています。

 


転職エージェントの選び方

 

woman1

 

求職者と企業を結ぶインフラとして、転職活動をサポートするのが転職エージェントの役割です。本来であれば企業が中途採用ページを充実させ直接応募に力を入れることにより、求職者と企業の双方の無駄なコストを省く方が賢明といえますが、トヨタなどの大手企業でなければ自社サイトに誘導することも難しいご時世であり、転職サイトや転職エージェントを活用する企業が増えていることが、人材紹介業界の巨大化の一要因ともいえます。

 

世の中に星の数ほどある転職エージェントを利用するにあたって、どのような観点で転職エージェント(人材紹介会社)を選べばいいのでしょうか。

 

ここでは、転職エージェントを選ぶポイントを紹介します。

 

転職サポートを提供している転職エージェントは、どの業種や職種にも対応している総合型転職エージェントといわれる人材紹介会社大手から、特定職種・業界の求人を扱う特化型(例:金融業界やコンサルティングファーム特化型)といわれる少数精鋭の転職エージェントまで様々な形態の転職エージェントが存在します。自分に希望に合った転職サポートを受けるため転職エージェント選びが重要といえます。

 

『総合型転職エージェント vs 特化型転職エージェント』で選択を迷う方も多いかもしれませんが、基本的には同じ転職エージェントですので、希望に合った案件を保有している可能性が高い総合型をベースとして、特化型も混ぜながら案件の紹介を待つ方が賢明といえます。

 

特化型の強みはコネクションといえます。

 

業界出身者が設立した転職エージェントがほとんどであり、過去の職場の同僚とのコネクションをベースに案件を紹介するのですが、取り扱い案件が少ない特化型転職エージェントの場合、紹介される案件が求職者の希望する職種や企業だとは限らない場合がほとんどであり、特化型の転職エージェントを活用する場合には時間を要することを理解しておくことが必要です。

 

単純に説明すると、他業種やキャリアの選択肢を広げたい方や早く転職をしたい方は総合型転職エージェントを軸に転職活動を、業界経験が長く専門スキルをベースにキャリアアップをした方は特化型の転職エージェントをベースに検討する事が重要といえます。

 

選び方のポイントですが、ウェブサイトなどだけでは十分な求人数を保有しているかは把握することが非常に困難といえます。ランキングサイトもありますが、正直あてにはなりません。求職者を釣り上げる見せかけ案件が多々存在しており、求人案件で検索した求人に応募してもほぼ募集は終わっている場合がほとんどです。

 

応募する企業はなるべく多くの選択肢から選ぶ必要がありますので、そのためには応募できる求人数が豊富であることが必要といえます。

 



 


■■■おすすめ記事一覧■■■

 

 


【特集】金融機関で使える英語を学ぼう

 

NewYork

 

■外資系企業への転職で必要になる英語

  • Candidate(キャンディデイト):応募者/候補者
  • Job Description:職務内容説明書
  • Compensation・Incentive Bonus:報酬・賞与(コンペンセーション/インセンティブ・ボーナス)。部門・企業の業績が目標に対する達成度などの基準を満たした場合(個人の数値目標や保証賞与などを基に算出)、個人の成果に応じて支払われるもので、年棒金額とは別に支払われる。
  • CV・Resume:CV(Curriculum Vitae)は英国式、Resume(レジュメ・リザメ)は米国式の呼び名、日本の履歴書・職務経歴書をまとめたもので写真・性別などは記載しない。
  • Hiring Manager(ハイヤリングマネージャー):採用責任者(求人ポジションの上司)
  • Offer Letter(オファーレター):内定通知書、労働条件通知書。押印ではなくサイン(筆記体)。
  • Position(ポジション):職務名(例:シニア株式トレーダー)
  • Title(タイトル):役職(Vice President)
  • Reference Check(リファレンスチェック):外資系企業が求職者の前職の企業や関係者に対して、経歴や人柄を確認する方法。外資系企業の場合は、専門の会社に外部委託している場合がほとんど。

■損益計算書(Income Statement)

  • Revenues ⇒ 収益
  • Gross written premiums and policy fees ⇒  総収入保険料
  • Premiums ceded to reinsurers  ⇒ 出再保険料
  • Net written premiums and policy fees  ⇒ 正味収入保険料
  • Change in reserves for unearned premiums, gross ⇒  総未経過保険料繰入、戻入額
  • Change in reserves for unearned premiums, ceded  ⇒ 出再未経過保険料繰入、戻入額
  • Net earned premiums and policy fees  ⇒ 正味既経過保険料
  • Other income ⇒ その他経常収益
  • Total technical income  ⇒ 保険引受収益
  • Claims paid, annuities and loss adjustment expenses, gross ⇒  総保険金、年金給付金及び損害調査費
  • Claims paid, annuities and loss adjustment expenses, ceded  ⇒ 出再保険金、年金給付金及び損害調査費
  • Change in insurance reserves, gross  ⇒ 総保険契約準備金繰入、戻入額
  • Change in insurance reserves, ceded  ⇒ 出再保険契約準備金繰入、戻入額
  • Insurance benefits and losses, net of reinsurance  ⇒ 正味発生保険金及び損害調査費
  • Underwriting & policy acquisition costs, gross ⇒  総営業費及び契約獲得費
  • Underwriting & policy acquisition costs, ceded  ⇒ 出再営業費
  • Underwriting & policy acquisition costs, net of reinsurance  ⇒ 正味営業費
  • Administrative and other expense  ⇒ 一般管理費
  • Total technical expense  ⇒ 保険引受費用
  • Investment income  ⇒ 資産運用収益
  • Investment expenses  ⇒ 資産運用費用
  • Net investment result  ⇒ 正味資産運用収益
  • Other financial income  ⇒ その他金融収益
  • Other financial expense  ⇒ その他金融費用
  • Operating result  ⇒ 経常利益
  • Interest expense on debt and other interest expense ⇒  支払利息
  • Net income before taxes ⇒  税引前当期利益
  • Direct tax expenses ⇒  税金費用
  • Net income after taxes  ⇒ 当期純利益

 

Future2

■貸借対照表(Balance Sheet)

  • Assets  ⇒ 資産の部
  • Investments   ⇒ 運用資産
  • Real estate   ⇒ 不動産
  • Investments in subsidiaries and associates  ⇒  関連会社投資
  • Debt securities   ⇒ 債券
  • Other loans   ⇒ その他の貸付金
  • Mortgage loans   ⇒ 不動産担保貸付金
  • Equity securities   ⇒ 株式
  • Other investments  ⇒  その他の投資
  • Total investments  ⇒  運用資産合計
  • Other assets   ⇒ その他資産
  • Derivative assets  ⇒  デリバティブ資産
  • Deposits made under assumed reinsurance contracts  ⇒  再保険預け金
  • Cash and cash equivalents   ⇒ 現預金
  • Insurance reserves, ceded  ⇒  出再保険契約準備金
  • Reserves for unearned premiums    ⇒ 未経過保険料準備金
  • Reserves for losses and loss adjustment expenses   ⇒ 支払備金
  • Actuarial and other insurance reserves   ⇒ 責任準備金その他
  • Fixed assets   ⇒ 有形固定資産
  • Deferred acquisition costs, net   ⇒ 繰延新契約費
  • Intangible assets   ⇒ 無形固形資産
  • Receivables from insurance and reinsurance business   ⇒ 保険契約債権
  • Other receivables   ⇒ その他未収金
  • Other assets   ⇒ その他の資産
  • Accrued assets   ⇒ 未収金
  • Total other assets   ⇒ その他資産合計
  • Total assets  ⇒  資産の部合計
  • Liabilities and shareholders’ equity   ⇒ 負債及び 資本の部
  • Liabilities   ⇒ 負債
  • Insurance reserves, gross  ⇒  総保険契約準備金
  • Reserves for unearned premiums    ⇒ 未経過保険料準備金
  • Reserves for losses and loss adjustment expenses   ⇒ 支払備金
  • Actuarial and other insurance reserves   ⇒ 責任準備金その他
  • Provisions   ⇒ その他負債
  • Senior and other debt   ⇒ 上位債務他
  • Derivative liabilities   ⇒ デリバティブ債務
  • Deposits received under ceded reinsurance contracts   ⇒ 再保険預り金
  • Liabilities from insurance and reinsurance business   ⇒ 保険契約債務
  • Other liabilities   ⇒ その他負債
  • Accrued liabilities   ⇒ 未払金
  • Subordinated debt   ⇒ 劣後債務
  • Total liabilities   ⇒ 負債の部合計
  • Shareholders’ equity (before appropriation of available earnings)   ⇒ 資本の部(利益処分前)
  • Share capital   ⇒ 資本金
  • Capital contribution reserve   ⇒ 資本準備金
  • Legal reserve   ⇒ 法定準備金
  • General free reserve   ⇒ 任意積立金
  • Retained earnings  ⇒  利益剰余金
  • Beginning of year   ⇒ 繰越利益剰余金(期首)
  • Dividend paid   ⇒  配当金
  • Net income after taxes    ⇒ 当期純利益
  • Retained earnings, end of year   ⇒ 繰越利益剰余金
  • Total shareholders’ equity   ⇒ 資本の部合計
  • (before appropriation of available earnings)   ⇒ (利益処分前)
  • Total liabilities and shareholders’ equity   ⇒ 負債及び 資本の部合計

■キャッシュ・フロー計算書(Cash Flow Statements)

  • Cash Flow from Operating Activities ⇒ 営業活動によるキャッシュ・フロー
  • Pretax Current Net Income ⇒ 税引前当期純利益
  • Depreciation Expenses ⇒ 減価償却費
  • Impairment Loss ⇒ 減損損失
  • Bad Debts Loss ⇒ 貸倒損失
  • Increase in Loss Reserves ⇒ 支払備金の増減額
  • Increase in Underwriting Reserves ⇒ 責任準備金の増減額
  • Increase in Reserve for Bad Debts ⇒ 貸倒引当金の増減額
  • Increase in Reserve for Retirement Benefits ⇒ 退職給付引当金の増減額
  • Increase in Reserve for Price Fluctuations ⇒ 価格変動準備金の増減額
  • Interest and Dividend Income ⇒ 利息及び配当金収入
  • Loss and Gain on Securities ⇒ 有価証券関係損益
  • Interest Expenses ⇒ 支払利息
  • Loss and Gain on Tangible Fixed Assets ⇒ 有形固定資産関係損益
  • Loss and Gain on Intangible Fixed Assets ⇒ 無形固定資産関係損益
  • Increase in Other Assets (Excl. Investing and Financing Activities) ⇒ その他資産(除く投資活動関連・財務活動関連)の増減額
  • Increase in Other Liabilities (Excl. Investing and Financing Activities) ⇒ その他負債(除く投資活動関連・財務活動関連)の増減額
  • Other ⇒ その他

 


 


 

◆◆◆◆◆◆スポンサード◆◆◆◆◆◆

 



—————————————————————-

FX口座数『国内第1位』※ ※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)

—————————————————————-

 

===============================================

■全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

  1. FX業界最狭水準のスプレッド 「全20通貨ペア」
  2. 初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール 「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」
  3. カスタマーサポートも充実で初心者も安心 「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
  4. 安心安全の『全額信託保全』導入済み 「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」
  5. 業界初!『時事通信社』ニュース配信 充実の為替情報でFX取引の参考に

===============================================

全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!

◆◆◆◆◆◆スポンサード◆◆◆◆◆◆

 


■■■ 極秘案件を多数保有する究極の転職サイト一覧 ■■■

 

Paris2

 

転職するなら『こだわり』の条件で働きたい!という『こだわり』に応えられるように様々な転職サイトをまとめて掲載しました。ぜひ、あなたの『こだわり』で求人を探してみては!これまでの経験やスキルを活かし新しい職や新しい会社にチャレンジしたい方の転職を応援するInspirreed!

 


▼コンサルティング会社への転職に強い転職サイト・エージェント・サービス

 

Resolve&Capital

 

トップクラスの年収とやり甲斐を誇る戦略コンサルタントへの転職をフルサポート。内定獲得に欠かせない経営理論の基礎からコミュニケーション方法、ケース面接への対策まで詳細に指導。創業者は元外資系戦略ファームコンサルタントに7年勤務したベテラン。新卒・中途のべ数百人を面接し、コンサルティングを知り尽くし、転職に必要な思考法、経営理論、マーケティングを未経験者でも分かりやすい形に体系化。

 

■特徴:講師は全て元マッキンゼー、BCG、ベインで複数年プロフェッショナルのコンサルタントとして経験を積んだ人材|実績としてBCG、ベイン、マッキンゼーへの内定を獲得した生徒も多数

〆おすすめ度:★★★★☆

 


▼エンジニアへの転職に強い転職サイト・エージェント・サービス

 

ECH::EXPERT

プロのプログラミングスキルが身につく学習プログラムとキャリア支援により未経験からのエンジニア転職を実現します。

■特徴:企業で求められる即戦力技術が身につく|教室学習とパーソナルサポートでやり切れる環境を提供|転職成功まで長期のキャリア支援

■実績:未経験から97%の受講生が転職に成功|2016年6月開始より転職成功者数は180名以上。

※(転職例 )株式会社ニューズピックス ・チームラボ株式会社・GMOクラウド株式会社 ・株式会社リブセンス ・株式会社ランサーズ

〆おすすめ度:★★★★★

 


▼正社員への転職に強い転職サイト・エージェント・サービス

 

asian

 

マイナビジョブ20’s

20代第二新卒専門の転職エージェント

■特徴:◎強みや適性を診断し自己分析に役立つ適性診断◎転職の疑問や希望をキャリアアドバイザーと話し合うキャリアカウンセリング◎一人一人の適性を理解した上で最適な企業を紹介◎書類添削・面接対策の実施により内定をサポート◎入社後の条件交渉もキャリアアドバイザーが代行

〆おすすめ度:★★★★★

 

パソナキャリア

大手総合型転職エージェントのパソナキャリアの無料転職サポート

■特徴:業界・職種別のチーム体制を取っており専任のキャリアアドバイザーがそれぞれの経験に沿ったアドバイスを提供。求人の紹介から、応募書類の添削・面接対策・年収交渉までトータルで転職をサポート。平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。

〆おすすめ度:★★★★★

 

東京しごとセンター(正社員就職応援プロジェクト)

正社員就職応援プロジェクトでは、 都内で就職した30~44歳の就職・転職を無料でサポート。

■特徴:就活のレベルや目的に合わせたプログラムを選べる! 就職活動がうまくいかない、面接が苦手、自分に合った仕事を探したいといった就職活動に壁を感じている方にピッタリのプログラム。セミナー・プログラム 就活ノウハウやキャリアデザインなど、受講は全て無料。 1日5000円の就活支援金支給制度や短期間のスキルアッププログラムなど豊富なプログラムで正社員への就活を支援。

〆おすすめ度:★★★★★

 


▼美容業界への転職に強い転職サイト・エージェント・サービス

 

beach

パスキャリ

20~30代の正社員への就職サポートを行う転職支援サービス

紹介実績が豊富な”美容業界”への転職支援

■特徴:経験豊富なキャリア・アドバイザーが転職希望者にぴったりの案件を紹介|

未経験者OK美容案件が豊富|面接には同行・同席~|内定に近づく充実のサポート内容

〆おすすめ度:★★★★★

 


▼広告・PR業界への転職に強い転職サイト・エージェント・サービス

 

business

シアンド

広告・PR・デジタル業界への転職支援

■特徴:マンツーマンの転職支援で圧倒的実績|広告・PR・デジタル業界からの引き合いが多く独占求人を多数保有|業界出身者だからこそできる実態を反映させたアドバイスが好評|完全無料|入社までの手厚いフォローが人気の秘密

〆おすすめ度:★★★★☆

 

 


職務経歴サンプル:金融商品開発

 

Bloomberg

———————————————————————-
●19**年**月~19**年**月
○○銀行入行
虎ノ門支店配属
・事業法人向けに融資、外為業務担当

●19**年**月~20**年**月
資本市場部商品開発室配属
・金利の期間構造理論、オプション理論研究
・スポットカーブ、フォワードカーブの算出方法
・オプション価格理論
・金利オプションモデル研究開発
・債券運用モデル開発
CRIを用いた債券モデル開発/多変量解析、時系列モデル実務への適用化

●20**年**月~現在
資本市場部デリバティブズ営業部配属
・金利オプションの評価モデル開発、株式デリバティブズについての研究分析

【使用可能PC言語】

C++
VB
———————————————————————-


職務経歴サンプル:証券アナリスト

 

Bloomberg

 


●19**年**月~19**年**月
企業投資調査部配属
・アシスタントとして、電機、電子部品および精密機器セクターの企業分析を行う
・投資家向けレポート作成補助業務

●199x年4月~200x年3月
○○総合研究所 出向 産業調査部配属
・通信、電気、電子部品、精密機器セクター担当
・上場、店頭の同セクター企業の業界、財務分析を行う
・業界動向などの分析レポート作成、内外投資家への情報提供
・機関投資家の企業調査、工場訪問など同行、取材ミーティングレポート作成、報告
———————————————————————-

 

 


◇◇◇おすすめ記事一覧◇◇◇

 

Future2

 

?:arrow: 資産運用

 

?:arrow: 転職情報

 


外資系企業への転職で求められるスキルと転職活動のポイント

 

Question

 

「グローバルで活躍したい」

「若いうちから活躍できそう」

「年収を上げたい」

 

などの理由から、外資系企業への転職を検討されている方もいらっしゃるはず。給与が高い分、短期で成果を求められる外資系企業。募集ポジションで求められる専門性や英語力だけなく、「活躍する上で必要な共通スキル」があると言います。まずは外資系企業の働き方の特徴や基礎スキルを知り、ご自身が向いているかどうか判断してみませんか。

 

また、企業によっては選考が特徴的なところも多く、一次面接の内容が日系企業と違ったり、面接回数が5~10回に及んだりするケースも。そんな事前情報を知っておくことも大切ですよね。

 

日系企業の終身雇用も揺らいできている昨今、勤務先企業が変わっても通用するスキルを意識的に身に着けていくことは意識したいところ。食わず嫌いで外資系企業への転職を選択肢から外してしまうより、特徴を知った上で検討有無を考える方が良いかもしれません。

 

 


外資系転職に必要な英語力と、TOEICの点数は?

 

Trees

 

外資系企業では、TOEICスコア「650点以上」または「800点以上」の基準を設ける求人が多いようです。もちろん、企業によっては英語をほとんど使わないポジションもあるので、英語力が不足していても転職することは可能です。ただ、「マネージャーはレポートラインがグローバルで英語必須」など、英語力不足ではキャリアアップできる保証がありません。企業によっては「英語が堪能になるまで育成する」よりも、「英語が堪能な人材をマネージャーとして採用した方が早い」と考える可能性があるからです。

 

企業によって求められる英語力は異なります。英語力に自信がない場合は、日系企業で英語を使う機会の多いポジションもあるので、ビジネスレベルの英語力を磨いてから外資系企業に転職するという選択肢もあります。

 

なお、英語力が不足していても、経験が100%マッチしていた点を評価されて内定が決まったケースもあります。このケースでは、他にスキルと英語力を完全に満たした人材が見つからなかったため、英語力が身に付くまでのサポート環境を整えてもらうことで内定を得ることができました。入社後の活躍を見据えると英語力は確実に必要ですが、ポジションによっては英語が堪能になるまでの猶予を設けてもらえる可能性もあるので、まず転職エージェントに相談してみることをお勧めします。

 

 


転職市場での人材価値はどう推し量られるのでしょうか?

 

merit

 

あなたが転職市場から求められる理由、それは、ずばり、次の2点のいずれか(だけ)です。

 

あなたが、

 

(1)「お値打ち人材」
(2)「お墨付き人材」

 

「お値打ち人材」とは、現在の人材価値(期待できる仕事力・持っている人脈や営業基盤・その他付随して発揮してもらえそうな業務上の特技や専門性など)と比べて、その人の年収レベルが低く見える人材のことです。

注意していただきたいのは、絶対額としての年収が低いことがよい、といっているのではないことです。700万円の年収だが1,000万円の人と同じパフォーマンスが期待できる、1,000万円の年収だが1,500万円クラスの職務レベルだ、2,000万円だが5,000万円以上の社長と比べて遜色ない——こういうことです。

 

一方、「お墨付き人材」とは、客観的に目に見える世界でその人材が評価されている、ブランドを確立している人。複数の実績が業界やメディアで取り上げられ評価されている人を指します。業界有名人、タレント経営者などが、このパターンを極めた方ですね。

 

結局、抜擢される人材、外部から招聘される人材というのは、この「お値打ち人材」か、「お墨付き人材」か。あるいは、その双方か。これしかありません。最低でもいずれかひとつを満たすことで、あなたは〝転職市場から求められる人材“と見なされます。