外資系転職エージェント一覧

Heart&car

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社

(ウェブサイト)https://www.hays.co.jp/

 

HAYS

 

会社概要:1968年、英国・ロンドンの小さな事務所からスタートしたヘイズHays plcロンドン証券取引所の主要指標であるFTSE250採用企業)は、世界約33カ国250の拠点に約1万人の従業員を擁し、グローバルに人材紹介サービスを提供しています。

 

ヘイズは世界中に広がるオフィス拠点や電話で毎月平均4万5000件の面接を行い、毎営業日に1,000人の就業先を決めています。またGoogle(グーグル)、SEEK(シーク)、Xing(エクシング)やLinkedIn(リンクトイン)との提携など、進化し続けるテクノロジーやデジタル・プラットフォームを活用しており、ソーシャル・ネットワーキング・サイト上には約200万人のフォロワーを有しています。

 

ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、4つの国内拠点(六本木本社、新宿支店、大阪支店、横浜支店)を有しています。13の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した専門のコンサルタントが、『正社員』、『契約・派遣社員』の人材紹介、『採用アウトソーシング』、『ITサービス(業務委託)』の4つのソリューションを提供しています。

 

住所:〒106-6028 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー28階
設立日:2001年8月3日
資本金:1517万円
従業員数:170人(2015年末)

 


ロバート・ウォルターズ・ジャパン

(ウェブサイト)https://www.robertwalters.co.jp/

 

RobertWalters

 

会社概要:ロバート・ウォルターズは、1985年に英国ロンドンで設立されたグローバル人材紹介会社です。世界28カ国にオフィスを構え、3794人の従業員を擁しています。日本では2000年に東京オフィス、2007年に大阪オフィスを設立し、外資系・日系グローバル企業におけるバイリンガルの正社員の転職・採用サポートだけではなく、派遣/契約社員にも力を入れています。

 

世界有数のグローバル企業・ベンチャー企業・中小企業など、幅広い企業求人を取り扱っており、専門分野は製造業、IT、金融、小売、ヘルスケア、自動車、エネルギー、化学、オンライン、サプライチェーン、不動産になります。2015年、2016年と2年連続でリクルートメント・インターナショナル・アジアアワードにて『最優秀インターナショナル・リクルートメント企業』を受賞、2011年にはBritish Business Awards 2011にて『Company of the Year(最優秀企業)』を受賞しています。

 

住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル14階

財務データ:HALF-YEARLY FINANCIAL RESULTS 2017

 


モーガンマッキンリー・ジャパン

(ウェブサイト)https://www.morganmckinley.co.jp/

 

MorganMckinley

 

会社概要:金融に特化した人材コンサルティング企業として1988年に創業したMorgan McKinley Group(本社:アイルランド・コーク)は、世界9カ国(オーストラリア・カナダ・中国・フランス・インド・アイルランド・日本、シンガポール、英国)の拠点に従業員800人(約500人のリクルーティング・コンサルタント)を擁し、主要市場において転職ならびに人材採用支援サービスを提供しています。2009年4月には、金融業界を専門とする3つの人材コンサルティング会社、『ECHM』、『Nigel Lynn』、『Morgan McKinley』が合併し、Morgan McKinleyのブランドで事業を展開しています。

 

東京オフィスが得意とする分野は、コンサルタティング&プロフェッショナルサービス、経理・財務、金融フロントオフィス、金融オペレーション、人事、IT、リーガル & コンプライアンス、リスクマネジメント、セールス&マーケティング、そしてアセットマネジメントとなっています。Morgan McKinleyでは、経理財務 、人事、 IT、オペレーションズ、プロジェクト/チェンジマネジメントの職種において派遣社員、臨時契約社員、契約社員の採用ソリューションも併せて提供しています(前年度の派遣料金のマージン率は36.1%)。

 

住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー17階

転職関連リポート:2017年給与ガイド

 

 


マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社

(ウェブサイト)https://www.michaelpage.co.jp/

 

MichaelPage

 

会社概要:1976年に英国・ロンドンで創業したマイケル・ペイジ(PageGroup plc)は、世界36カ国に140支店を構え7,000人の従業員を擁しており、世界の大手企業にスペシャリストを正社員、契約社員、派遣社員として紹介するリクルーティング会社です。2001年に設立した東京オフィスは、専門チームが職種・業界をカバーしています。

 

ITと経理・財務分野では、Recruitment International社主催の『リクルートメント・インターナショナル・アワード』で最優秀賞を受賞しています。正社員の取扱分野としては、IT・エンジニアリング・マーケティング・人事・営業・事務系・経理・財務・購買・サプライチェーン・金融・法務・小売・医療・ヘルスケア・ライフサイエンス・不動産・エグゼクティブサーチとなります。

 

住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル6階

 

財務データ:2016年・年次報告書(Annual Report・英語)

 

 


ランスタッド株式会社

(ウェブサイト)https://www.randstad.co.jp/

 

Randstad

 

会社概要: 1960年10月にオランダ・ディーメンで設立されたランスタッド・ホールディング・エヌ・ヴィー(Randstad Holding nv)は、世界39の国と地域に約4,600の拠点に約3万6524人の従業員を擁し、売上高世界上位の総合人材サービス会社です。ランスタッドは、テクノロジーが加速する人材市場において、HRテクノロジーを最大限に活用しながら人材サービスを提供しています。

 

ランスタッドは国連のグローバル・コンパクトに署名しており、人権、労働、環境および汚職防止に関する10の原則を尊重し、支持しています。日本のランスタッド株式会社は、ミドルクラスやマネジメントクラスのほか、シニアエグゼクティブ、高スキルの専門職、新卒・第二新卒などの若手人材、外国籍のグローバル人材、障害者人材など、多様化するニーズに合わせて転職支援サポートしています。

 

住所:〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート21階 設立日:1980年8月 資本金:1億円 社員数:2,246人(2017年3月末時点)

事業内容:人材派遣サービス・紹介予定派遣サービス・人材紹介サービス・再就職支援サービス・アウトソーシング事業

拠点数:136拠点(内インハウス拠点数72)

・転職関連リポート:「働き方改革」と女性の活躍

・転職関連リポート:正社員に疲れたあなたへ―。現状を変える3つの方法。

財務データ:2016年・年次報告書(Annual Report・英語)

 

Money

 


アデコ株式会社

 -アデコ・転職エージェント『Spring転職エージェント』

 -アデコ・派遣

(ウェブサイト)http://www.adecco.co.jp/

 

Adecco

 

会社概要: アデコグループ(Adecco Group AG)は、1957年にスイス・チューリッヒで設立されたグローバル人材紹介会社です。世界60カ国にオフィスを構え、3万3000人の従業員を擁しています。アデコグループは、スイス証券取引所(銘柄略称:ADEN)に上場しています。

 

アデコグループの日本法人であるアデコは1985年に東京オフィスを設立し、専門化・高度化した人材ニーズと、働く人々の多様な働き方に応えるようさまざまな人材サービスを展開しています。アデコの転職エージェント部門であるSpring転職エージェント(Spring Professional)は、プロフェッショナル採用のエキスパートとして、幅広い人材を企業のニーズに併せて紹介するサービスを提供しています。

 

住所: 〒107-0062 東京都港区南青山1-15-9 第45興和ビル8階
設立日:1985年7月29日
資本金:55億6000万円
社員数:2,800人
登録就業者数:3万4600人(人材派遣・アウトソーシング等、登録型就業形態で就業中の人数)
在籍コンサルタントの男女比:男性60%|女性40%
コンサルタントの経験年数:10年以上・19%|3年~10年・41%|3年未満40%
グループ会社:株式会社VSN (エンジニア・研究者の無期雇用派遣、開発請負)
グループ会社:アデコビジネスサポート株式会社

 

 


株式会社ロバート・ハーフ・ジャパン

(ウェブサイト)https://www.roberthalf.jp/ja

 

Robert Half

 

会社概要: ロバート・ハーフ・インターナショナル(Robert Half International Inc.)は、1948年にアメリカ・カリフォルニア州メンローパークで設立され財務・会計、銀行・金融、テクノロジー、業務改革分野のプロフェッショナルの短期・長期雇用に特化した世界最大手の人材紹介会社です。ロバート・ハーフ・インターナショナルは、ニューヨーク証券取引所(銘柄略称:RHI)に上場しており、S&P500指数に採用されています。

 

世界18カ国40カ所に拠点を構え、1万6400人の従業員を擁しています。ロバート・ハーフは、フォーチュン(FORTUNE®)誌の『世界で最も称賛される企業(2018年2月1日時点)』に選ばれており、人材紹介会社ではトップの評価を得ています。ロバート・ハーフ・インターナショナルの日本法人であるロバート・ハーフ・ジャパンは、専門職に特化した人材紹介会社として、財務・会計、金融サービス、テクノロジー、事務のプロフェッショナルにソリューションを提供しています。

 

■日本においては5部門を運営

⇒ファイナンス&アカウンティング:財務・会計系人材の転職サポート

⇒ファイナンシャル・サービシィズ:銀行・証券・保険会社等の金融系人材の転職サポート

⇒テクノロジー:IT・ビジネストランスフォーメーション・デジタル人材の転職サポート

⇒マネジメント・リソース:財務関連の非常勤(含む臨時)・プロジェクトコンサルティングビジネス・プロジェクトマネージャー人材の転職サポート

⇒エグゼクティブサーチ:エグゼクティブ(マネジメント層)人材の転職サポート

住所:〒 100-0004 東京都千代田区大手町 1-1-3 大手センタービル 22階

 

グループ会社:プロティビティ(Protiviti Inc.)

財務データ:2016年・年次報告書(Annual Report・英語)

 

 


マンパワーグループ株式会社

(ウェブサイト):https://www.manpowergroup.jp/

 

ManpowerGroup

 

会社概要: マンパワーグループ(ManpowerGroup Inc.)は、1948年にアメリカ・ウィスコンシン州ミルウォーキーで設立されたグローバル人材紹介会社です。世界80カ国と地域に2,900のオフィスを構え、2万7000人の従業員を擁しています。マンパワーグループは、ニューヨーク証券取引所(銘柄略称: MAN)に上場しています。

 

マンパワーグループの日本法人であるマンパワーグループ株式会社は、日本で最初の人材派遣会社として誕生しました。現在では、人材派遣・人材紹介・ヘッドハンティング・再就職支援・アウトソーシング・採用代行・人事制度コンサルティングといった企業の人事課題すべてを解決する総合人材サービス会社としてビジネスを展開しています。

 

神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー36階
設立日:1966年11月30日
資本金:40億円
社員数:1,699人
登録者数:51万3,200人
サービスネットワーク:全国123営業拠点

 

グループ会社:

 

 


スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社

(ウェブサイト): https://www.skillhouse.co.jp/

 

会社概要:イギリスに本社を置きロンドン証券取引所に上場(銘柄略称:EMR)するエンプレサリア・グループ(Empresaria Group plc)傘下のスキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社は、ITとアドミニストレーティブサポートに特化した人材派遣・人材紹介サービス企業として転職サポートビジネスを展開しています。

 

大企業、外資系企業の案件に強いことで知られ、米国の『Fortune』誌が選出する全米上位500企業に名前を連ねる有力企業への紹介実績も数多くあります。日本企業に対する人材サービスにも積極的に取り組んでおり、取り扱う案件の4割を日本企業が占めています。

 

住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-8-27 巴町アネックス2号館7階
設立日:2004年12月01日
資本金:1億2000万円
社員数:220人(人材紹介部門・25人)

 


ターディス・グループ・ジャパン株式会社 東京支社

(ウェブサイト)https://tardis-group.com/?page_id=960

 

会社概要:1989年にイギリス・ロンドンで創業したTardis Group(ターディス・グループ)は世界5拠点(ニューヨーク・ロンドン・香港・東京・シドニー)で人材関連ビジネスを展開するグローバル企業です。外資系投資銀行のエグゼクティブ人材の転職サポートに強いのがポイントといえます。ホームページは英語のみとなっています。

 

住所:〒100-0014 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー3階

 

Businessman

 


人材サービス企業の売上高ランキング(2015年)

 

business

 

  1. アデコ・グループ(Adecco Group) 238億ドル

  2. ランスタッド(Randstad) 201億ドル

  3. マンパワー・グループ(Manpower Group) 191億ドル

  4. アレジス・グループ(Allegis Group) 99億ドル

  5. リクルートホールディングス(Recruit Holdings) 75億ドル

  6. ヘイズ(Hays plc) 61億ドル

  7. ケリーサービス(Kelly Services, Inc.) 48億ドル

  8. ロバートハーフ(Robert Half) 44億ドル

  9. テンプスタッフ(TEMPSTAFF) 40億ドル

  10. エンプロイブリッジ(EmployBridge) 31億ドル

(出所)Crain Communications Inc

 


 外資系企業への転職活動で知っておきたいこと

 

Paris

基本的に日系も外資系企業も転職活動のプロセスは同じですが、採用の決定権を現場責任者が持っていたり、グローバルに決裁者がいたりするなど、日系企業と異なる特徴的な点もあります。

 

 ➡ 一次面接を現場責任者が行うケースがある

 

外資系企業の場合、採用の決定権を現場責任者が持っているケースも多いため、一次面接を人事担当者ではなく現場責任者が行うことがあります。日系企業では、一次面接は人事担当者が「志望動機」や「転職理由」、「自己PR」などを質問し、人柄や社風との相性を確認するケースが多いのですが、現場責任者が面接を行う場合は、具体的な業務に関する質問が多くなります。

 

 ➡ 企業によっては5~10回の面接がある

もちろん面接回数は企業によりますが、金融業界や大手Web系企業では5回~10回の面接を実施するケースもあります。日本法人とグローバルの責任者がそれぞれ面接してミスマッチを減らそうとするため、面接回数は必然的に多くなります。ただしITエンジニアなど選考に時間をかけていると採用が難しくなる職種では、1~2回などで判断しているケースもあるようです。

 

外資系企業がすべて英語面接を行うわけではありませんが、グローバルの責任者との面接は、間違いなく英語面接になります。よほど英語に慣れた方でない限り、転職エージェントに電話面接や英語面接の練習をしてもらった方が、本番でうまく伝えることができるでしょう。

 

 ➡ 内定通知書が出るまでに時間がかかる

外資系企業では、人材採用の承認フローが海外に及ぶため、口頭で内定が伝えられてから実際に内定通知書が届くまでにかなりの時間を要します。例えば、採用ポジションの部門トップが日本にいたとしても、「APACの管轄はシンガポール」「グローバルの管轄はドイツ」など、管轄エリアのトップが全員サインしなければならないため、遅いケースでは1カ月近くかかることもあるようです。

 

外資系企業の転職支援を行っている転職エージェントであれば、内定通知書が出るまでの日数や回答期限をある程度は把握をしているので、スケジュールのアドバイスも的確です。また、複数の転職エージェントを活用する場合も、比較検討して転職先を選ぶために、内定通知書をもらうタイミングは絶対に揃えることをお勧めします。